06-03-14_12-02.jpg


昨日作った無色のリップグロスに色付けをしてみました。
春なので、薄く色づくグロスに仕上げました。

☆材料
椿油        10ml
みつろう(精製) 2g
酸化鉄(赤)   耳かき2杯

①クリーム容器に椿油・みつろうを入れて、電子レンジで加熱

②溶けたら、酸化鉄(赤)を少量ずつ入れて、つまようじでかき混ぜる

③色が均等になったら、そのまま固まるまで置いておく

色は、赤系ですが、唇に伸ばすと自然なベージュよりの色なので、
普段使いにぴったり。
みつろうは、色を生かすため、精製の物を使用しています。
大豆油由来の植物性クリーム基材で作るのもいいでしょう。
色材とみつろうの量を増やせば、口紅として使うことも出来ます。
その際は、リップクリームセット×2を使うと便利です。
2個分のリップクリームが作れますので、ひとつはリップクリーム、
もうひとつは口紅にするのもオススメ。

市販の口紅ほど鮮やかな色は出せなくても、
手作りのリップグロスなら口に入っても安心ですし、
普段使いには充分だと思います。
ぜひ、挑戦してみてくださいねw

【レシピ】メイクアップ | コメント(0)
06-03-13_11-47.jpg


薬局で簡単に手に入る椿油で、
つやつやリップグロスを作りました。
他のキャリアオイルでも出来ますが、椿油の光り方や
つやっぽさが1番グロスに向いているようです。
写真だと固めに見えますが、唇に乗せるとするっと溶けます。

☆材料
椿油 10ml
みつろう(未精製) 2g

①クリーム容器に椿油とみつろうを入れて、電子レンジで加熱

②溶けたらつまようじでゆっくりかき混ぜて、冷めて固まったら出来上がり♪

今回は、持ち歩くことも考えて、少し固めに作りましたが、
自宅用で、もっと柔らかい方がよければ、みつろうの量を減らして
作ってみましょう。
みつろうは未精製のものでも、精製のものでも構いません。
色をつけたいときは、精製のもののほうが良いでしょう。

みつろうのページへ

そのままつけて、リップケアグロスとして。
または、口紅の上から重ねて、つやつやグロスとして。
ぜひ、作ってみてくださいね♪
【レシピ】メイクアップ
shop110005.jpg


自分の肌にぴったりのファンデーションを作りたい、
そう思っていても、色の調整が難しくて・・・と
あきらめていた方にも簡単に作れるレシピです。
コツは、色材を直接タルクに入れるのではなくて、
先に淡い色の色つきタルクを作ってしまうこと。
ぜひ、挑戦してみてください♪

☆材料
タルク 30g
酸化鉄(赤)
酸化鉄(黄)
酸化鉄(黒)

1.タルク小さじ2を乳鉢に入れ、酸化鉄(赤)を耳かき1杯入れ、良くかき混ぜる。黄・黒も同様に、淡い色つきのタルクを3種類作る

shop110001.jpg


2.色つきタルク、黄色:赤色:黒色=5:3:1 くらいの割合で乳鉢に入れ、良くかき混ぜる。自分の肌色に近づけるよう、色つきタルクで微調整する。


滑らかでマットな質感→シルクパウダー
UV効果→超微粒子酸化チタン
を配合すると、良いでしょう。

「手作りファンデーションセット」として発売開始!!

タルク30g、酸化鉄(赤)・酸化鉄(黄)・酸化鉄(黒) 各小さじ1/2のセット。

お買い物は
手作りファンデーションセット
【レシピ】メイクアップ | コメント(4)
« Prev | HOME |