スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005_10_shop0005.jpg


香材の乳香(フランキンセンス)を使った薫り高い贅沢化粧水レシピです。
先日の本のレシピでは、熱湯で溶かして、化粧水にしていますが、
通常のハーブや和漢植物と同じで、アルコールで抽出することも出来ます。

☆材料
乳香 10g
ホワイトリカー 100ml

1.乳香をホワイトリカーに漬け、3週間、冷暗所に置く
2.樹脂が溶けてきたら、コーヒーフィルターを2重にして濾し、
原液の出来上がり。
3.精製水で10~20倍に薄めて、化粧水に。

乳香は樹脂(レジン)なので、使用した器具や容器はべたべたとして、
使えなくなってしまいますので、注意しましょう。

香りは、精油のフランキンセンスのように、甘く柔らかい香りで、
リラックスした気分になります。
ローズレッドなどとの組み合わせもオススメ。


05-11-04_14-35.jpg


同様に、没薬(ミルラ)でも作ることができます。
上の写真は、熱湯で少しずつ溶かした没薬を、
コーヒーフィルターを2重にして濾し、ハイビスカスの抽出液を加えた
「ピンクの化粧水」
色がとってもきれいに出るので、ぜひ、試してみてくださいね♪

安息香(ベンゾイン)はバニラのような甘い香り。
白檀や桂皮でも、かぐわしい化粧水が作れます。
アロマテラピー効果も期待できるので、2度美味しいかもw

FC2 Blog Ranking アロマテラピー・スキンケア・アンチエイジング
関連記事
【レシピ】化粧水・ジェル | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。