今日は、3月とは思えない寒さですね・・・
こんな日は、おうちでのんびり読書の時間♪
私は、図書館をよく利用しているのですが、
書棚を眺めて本を借りるということはほとんどしていなくて、
ほぼ、予約してから図書館に行きます。

図書館を利用している方はよくご存知かと思いますが、
インターネットで読みたい本を検索して、貸し出しの予約をすることが出来るんです。
私の住む地域の図書館では、なんと一人当たり、15冊の本を貸してくれるので、
いつも10冊以上予約しています。

読みたい本をどうやって探すかというと、私は連想ゲームのようにつなげて探します。
例えば、ニーチェの書いた本「ツァラトゥストラはかく語りき」を読んで、よくわからなかったので(笑)
「ニーチェ入門」という解説本を読みます。
すこーしだけニーチェの哲学について分かったところで、
その本にニーチェを振った女性ルー・サロメという名前を見つけます。
今度はルー・サロメの奔放な人生を綴った「ルー・サロメ 愛と生涯」という本を読んで、
この時代に、こんな女性が!と衝撃を受けました。
そのルー・サロメが愛した若き詩人リルケを知り、
今はリルケの書いた「若き詩人への手紙 若き女性への手紙」という本を読んでいます♪

日本の現代の作家も読んでいますが、
どちらかというと、古典的なヨーロッパ文学に惹かれるので、
翻訳で読むことになります。
有名な本は、複数の翻訳があることがほとんどですよね。
そこで、図書館を最大限活用して、「訳ごとに全種類借りる!」
ということをしています。
その中で、読みやすい翻訳で読むことにしています。
私は、ゲーテのファウストのときには、3種類のファウストを借りました。
訳ごとに個性があって、その中から1番面白い!と思う本を買いました。

そう、図書館で借りて読んで返して、だけではなくて、
これは買う価値のある本だと思った場合は、購入もしています♪
新品で買うと結構なお値段なので、中古で探すことが多いです。
また、幼稚園や地域のバザーで買うこともあります。
10円~50円という信じられない価格で手に入ったりするので、
見逃せません。

でも、もっと安い価格で本を手に入ることもあるんです!
というか、無料で!
それが、図書館のバザー
汚れてしまったり、在庫整理のため不要になった本を、
地域の人に無料で配るということを、私の住む地域の図書館はやっているんです♪
つい先日、その図書館のバザーで、ハードカバーの本を10冊くらいもらってきましたが、
どれも、キレイな状態で、アマゾンの中古本の評価なら「非常に良い」「良い」という状態のものばかりでした。

また、古くて絶版になっている本、高価すぎて買えないような本も、
図書館は貸してくれますので、活用しない手はないですよね^^
以前、2万円もする昆虫図鑑を息子のために借りたことがあります(笑)
無料で、これだけ楽しめる公共のサービスって、なかなかないですよね!
私自身の楽しみのため、勉強のため、ライフワークのためだけではなく、
私の読書する姿を通して、息子も本好きになってくれたらなぁと密かに思っています。

きっと、皆さんの街の図書館にも様々なサービスがあると思いますので、
ぜひ、チェックしてみてくださいね!!




↓若返りの秘薬、ハンガリーウォーターで若返った王妃は、年下の王子から求婚されたという伝説が残っています!
【送料無料】プレミアムハンガリーウォーターセット(1,155円)
【送料無料】ハンガリーウォーターセット(888円)


FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています。

↑クリックお願いします♪



→ハーブショップマグノリアお買い物ページへ
関連記事
プライベートコラム