スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
冬限定のハニーハンドクリームセット、大好評です!
少量でも伸びるので、冬中、たっぷりと使えますよ!!
使い切れずに、余ってしまったら・・・
なんと、木製家具のワックス・艶出しとして使えるのです♪

私も、ハンドクリームを毎年、作っているのですが、
撮影用や試作品の分まで作ると、余ってしまうことがあります。
自然派の家具用ワックスは、オイルとみつろうで作られているので、
試しに、古くから使っている、ちゃぶ台で試してみました。
おばあちゃんに貰ったものなので、かなりの年代モノ(3~40年前)です。
こげ茶の天板のはずが、白く擦り切れて、年輪の模様も消えかけていたのですが、
ハンドクリームを少量つけて、磨いてみたら、びっくり!!
鮮やかな木の色が戻り、新品同様になったのです!!

2009011512290000.jpg

左側が使用前、右側がワックスで磨いた後です。
木の輝きが違いますよね!!
家族に見せたら、あまりの変化に驚いていました。
年輪の模様も、細かいところまで、はっきりと見えます。
ハンドクリームには、ティーツリー精油を1滴加えて作ったのですが、
それが木の香りともマッチして、ワックスとしても最適でした。

使い方は簡単で、柔らかい布に少量のハニーハンドクリームを取り、よく磨きます。
まんべんなく行き渡ったら、新しい布でさらに表面を磨いて仕上げます。

注意する点は、市販のワックスと同じで、白木のものには使えません。
また、色の薄い家具に使用すると、シミになる場合があるので、
目立たないところで試してから使いましょう。
表面を艶出し加工してある、一般的な家具には、ほとんど使えると思います。
古くなって、使わなくなった家具を磨いてみると、劇的な変化に驚くと思いますよ!!
木はもともと、非常に強い素材ですが、
長い年月が経つと、乾燥し、表面が割れたり、もろくなってしまいます。
そこで、天然のオイルやみつろうで、油分を補うと、
水や汚れに強く、木本来の輝きを取り戻すことが出来ます。

床用のワックスも、同じ材料で作れると思うのですが、
ハンドクリームレシピでは、ものすごく大量の材料が必要になり、
また、滑りやすくなるので、現在、研究中です。
床用ワックスレシピで、オススメのものがありましたら、
ぜひ、教えてくださいね!!
市販のみつろうワックスは、かなり高価なので、
ワックスがけの時期までには、レシピを完成させたいなーと思っています。

ハニーハンドクリームセットは、材料がセットになっているので、
届いてすぐに作ることが出来ます。
ハンドクリームとしても、家具用ワックスとしても、オススメですよ♪
ぜひ、試してみてくださいね!!




【新商品のお知らせ】


ハニーハンドクリームセット(777円)







FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします。
関連記事
リサイクルコスメ特集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。