今日は、さわやかな晴天!
このまま、梅雨明けしてくれたらいいですよね~
紫外線は真夏並みに降り注いでいますから、UVケアはお忘れなく!
それでも、1日中外にいて、たっぷりと紫外線を浴びてしまったという方に、
とっておきのハーブ&生薬があります♪
今日は、日焼け後の肌にぴったりな化粧水をご紹介したいと思います。

まず、美白といえば、ユキノシタ
有名な美白化粧水の主成分としても知られていて、
浴びてしまった紫外線をなかったことにする、リセット効果があるとも言われています。
私は、リゾートに行くときは、必ずユキノシタ化粧水を持っていくのですが、
1日3~4回、日焼け止めを落とすたびに、塗っていたら、
全く日焼けしなかったという経験があります。
むしろ、リゾートなのに、毎日のように白くなっていくので、
現地の人に笑われたくらいです(笑)

ユキノシタ化粧水の作り方は簡単!
密閉容器に、ユキノシタ10gを入れ、ホワイトリカー200mlを注ぎ、
冷暗所で2週間漬け込みます。
生薬を漉し取ったら、原液の完成!
この抽出原液を20倍に水に薄めて使用します。
保湿剤のベタイントレハロースを入れるとさらに使用感が高まります。

使い方でオススメなのが、ローションパック
特に、紫外線を浴びてしまった日は、念入りにお手入れしましょう。

次に、オススメなのは、ハイビスカス化粧水
ローズヒップのビタミンCと、ハイビスカスのポリフェノールで、
色白肌を目指しましょう♪
熱湯抽出、アルコール抽出どちらでも作ることが出来ますが、
この時期は、アルコール抽出がオススメです。
レシピは↓
ハイビスカス化粧水(夏用)

美しいルビー色の化粧水で、しっとりとうるおいます。
お客様の間でも、評判の化粧水です!
実は、私の母や妹も、ハイビスカス化粧水の愛用者で、
忙しい毎日でもハイビスカス化粧水だけは手作りして使っているそうです。
妹は肌が弱くて、今までどんな敏感肌化粧水・オーガニック化粧水を使っても合わなかったのに、
ハイビスカス化粧水を使い始めて、肌がキレイになった!と喜んでいます。

ユキノシタ化粧水&ハイビスカス化粧水は、この時期欠かすことの出来ない化粧水なので、
常にエキスをストックしています。
エキスを作っておけば、薄めれば簡単に化粧水になるので、
こまめに作って、冷蔵庫に入れておきます。
ぜひ、自然の力で美しい肌を目指してくださいね!!




☆6月のお知らせ☆

生薬&保湿剤 よりどり100g 送料無料キャンペーン

☆対象期間
6月1日(日)10:00~6月30日(月)18:00まで
(開始時刻・終了時刻にご注意下さい)

☆対象商品
生薬量り売り
生薬お徳用パック
ベタイン(10g・100g)
トレハロース(10g・100g)

☆キャンペーン詳細
対象商品よりどり100gで送料無料になります。
組み合わせ自由
100gの商品は、単品で送料無料です。

詳しくは下記をご参照下さい。
キャンペーンについて









FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします


関連記事
紫外線対策特集