紫外線対策特集、皆さまからご好評をいただいています。
今日は、市販の日焼け止めの選び方について、お話したいと思います。
私は、市販の日焼け止めがとにかく合わなくて、
赤くなったり、かゆくなったり、何度もひどい目にあっています。

市販の日焼け止めが合わない方はとても多いと思うのですが、
私の場合は、次のような理由が考えられます。

1.紫外線吸収剤が合わない
高SPFの日焼け止めには必ず紫外線吸収剤が入っていますが、
低SPFだと荒れないのに、高SPFだと荒れるという方は、
紫外線吸収剤が合わないからだと思います。
酸化チタン酸化亜鉛は紫外線錯乱剤で、
単独で使うと乾燥するという性質はありますが、
紫外線吸収剤のように肌荒れを引き起こすことは少ないようです。

2.大量の保湿剤が合わない
日焼け止めの成分表をみると、上位にグリセリンなどの保湿剤が
入っていると思います。
保湿剤が多いと、私は赤みが出て、かゆくなります。
日焼け止めは乾燥するので、保湿剤が大量に使われているようです。

3.大量のアルコールが合わない
人気のジェルタイプの日焼け止めも試しましたが、
アルコールがきつくて、合いませんでした・・・
塗った瞬間、アルコールのニオイがするほどです。
自然派の日焼け止めで、防腐剤の量を減らしている場合は、
その分、大量のアルコールで防腐しています。
防腐剤も肌への刺激になりやすいのですが、
アルコールに弱い方は、成分表の上位にアルコールが来ないものを
選んだ方がいいと思います。

いかがでしたでしょうか?
これほど、肌に合わない化粧品って、他にはないような気がします。
その為、出来るだけ市販の日焼け止めを使わなくてもいいような
生活を心がけているのですが、
夏の昼間、長時間外出する時は、市販の日焼け止めも必要ですよね。

最低限、肌にトラブルが出ないものを選ぶのことが大切ですが、
夏の日焼け止めの選び方でもうひとつ重要なことがあります。

それは、耐水性
SPF値だけを見て買われている方が多いと思いますが、
たとえ高SPFでも、水に弱いと、汗で流れてしまい、
紫外線防止効果がなくなってしまいます。
レジャーでは、塗り直しが出来ないような場合もありますので、
汗に強い耐水性は必須条件です。

耐水性が高いと表示されている製品もありますが、
自分の使っている日焼け止めが耐水性があるかどうかは、
水につけて見ると分かります。
水を張った洗面器に、日焼け止めを塗った手を入れてみて、
油分が浮いてきたり、手に白い水滴がついていたら、耐水性はほとんどありません。
肌には優しくても、真夏の日中には、向いていないと思います。

肌に優しく、高SPFで、耐水性もある日焼け止め。
そんな完璧な商品があれば、ご紹介したいところなのですが、
いまだに出会えていません。
私は、市販の日焼け止めはリゾートなど、特別な時に限定して、
普段は手作りの日焼け止めクリームで乗り切っています。

私のように、市販の日焼け止め選びに苦労されている方に
アドバイスするとしたら、
UVファンデーションを活用する
ことです。
日焼け止めは肌に合うもので、低SPFでも構わないので、
その上から、UVファンデーションを重ね塗りしてください。
できるだけ、崩れにくいファンデがいいでしょう。
ファンデーションは、日焼け止め乳液に比べて、
保湿剤・防腐剤・アルコールが少ないので、刺激も減ります。
紫外線カット剤以外のパウダーも、粒子で紫外線を反射させるので、
意外と紫外線防止効果は高いです。
ぜひ、お試しになってください。

UVファンデーションは手作りも出来ますので、
オススメですよ♪

UVファンデーションレシピ



☆6月のお知らせ☆

生薬&保湿剤 よりどり100g 送料無料キャンペーン

☆対象期間
6月1日(日)10:00~6月30日(月)18:00まで
(開始時刻・終了時刻にご注意下さい)

☆対象商品
生薬量り売り
生薬お徳用パック
ベタイン(10g・100g)
トレハロース(10g・100g)

☆キャンペーン詳細
対象商品よりどり100gで送料無料になります。
組み合わせ自由
100gの商品は、単品で送料無料です。

詳しくは下記をご参照下さい。
キャンペーンについて









FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします




関連記事
紫外線対策特集