スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日は、生薬やハーブを使って、化粧水を作る方法をご紹介したいと思います。
手作りコスメの中で、化粧水は1番簡単で、市販品に近いものが作れます。
初めて挑戦される方は、まず化粧水から試してみましょう♪

まず、市販の化粧水はどのような成分から出来ているでしょうか?
容器の裏に、横文字が並んでいますが、最初に登場するのは「水」だと思います。
成分表は、配合されている割合が高い順番に並んでいます。
(ごく少量の成分は、後半に順不同で並んでいます)
そのため、最初の方には、「水」「アルコール」「グリセリン」などが並んでいるはずです。
次に、有効成分のビタミンC誘導体やコラーゲン、ユキノシタエキス、甘草エキスなどが並び、
防腐剤、色素、香料などが最後に載っています。

手作りコスメでは、「水」「アルコール(防腐剤代わり)」「保湿剤」そして「抽出エキス」
この組み合わせで化粧水を作ります。
エキスは、生薬やハーブから、抽出して作ります。
これは、市販の化粧品を作るときも用いられている方法で、主にアルコールを使って抽出します。

用意するものは、生薬10g・ホワイトリカー35度100ml・密閉容器の3つだけ。

密閉容器は、ジャムやコーヒーの空き瓶などで構いません。
ふたが閉まるものを用意してください。
密閉容器に、生薬10gを入れ、ホワイトリカー100mlを注ぎます。
ふたをして、2週間冷暗所で保存します。
その後、コーヒーフィルターで漉して、抽出エキスの完成です♪
置いておくだけなので、本当に簡単です!
ブログで、抽出といえば、この作業のことで、
エキスといえば、このアルコールで抽出したエキスのことをさします。
手作りコスメの基本なので、覚えておくと便利ですよ^^

抽出についてのポイントをまとめてみましょう。

☆生薬10gに対し、ホワイトリカー100mlの量が基本

☆ユキノシタ・スギナなどかさがある生薬は、きちんと漬かるように、ホワイトリカー200mlで

☆漬け込み期間は約2週間。1ヶ月以上漬け込むのは避けましょう。(エキスが吸い取られてしまいます)

☆漬け込み中は容器を振らなくても大丈夫!(振ってもOK)

☆アルコールは30度~40度が最適。ホワイトリカーの代わりにウォッカ40度でも可。

☆エキスの保存期間は、冷暗所で6ヶ月。冷蔵庫でも可

☆エキスは成分が濃いので、水で10~20倍に薄めて、化粧水にしましょう。

☆ハーブでも同じように作れます。

エキスの抽出法、いかがでしたでしょうか?
当店で扱っている生薬&ハーブは、全てこの方法で化粧水にすることが出来ます。
また、手作りコスメとして最適な生薬&ハーブをラインナップしていますので、
どれを選んでも素敵な化粧水が出来ること、間違いなしです!
初めて挑戦されるなら、↓の手作りコスメセットがオススメです!!
ハンガリーウォーターセット
初めての化粧水セット
お気に入りの生薬&ハーブで、漬け込んでみてくださいね!!
2週間後のエキス完成がきっと待ち遠しくなりますよ♪

明日は、この抽出エキスを使って、化粧水を作ってみましょう。
お楽しみに!!






☆3月のお知らせ☆

【プレゼント】開催中~3/31(月)18:00まで

3月限定!!2000円以上お買い上げのお客様全員に
ビタミンCたっぷりのハーブを2種類プレゼント!!
美白効果抜群のハーブ化粧水を作ってみてくださいね!!

【プレゼント内容】
ローズヒップ10g&レモンピール10g

【プレゼント期間】
3月1日(土)10:00~3月31日(月)18:00まで








FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします♪
関連記事
手作りコスメ実験&研究

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。