スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨日のUVファンデーションレシピは反響が大きくて、
早速作ってみたい!とのメールもいただいています。
今日は、手作りのファンデの使い方について、詳しくご紹介したいと
思います。

まず、一般的にファンデーションの役割としては、
次のようなものがあげられます。
1.肌のキメを均一にし、美しく見せる
2.シミなどをカバーして、美しく見せる
3.紫外線から、肌を守る
この3つの条件は、手作りファンデもクリアしています。
市販のファンデと大きく違うところは、油分や保湿剤、
防腐剤などが全く含まれず、自然素材だけで作られている点です。
通常、ファンデを肌に直接つけると、乾燥してしまいますが、
手作りファンデは、乾燥せず、逆に乾燥からも肌を守ってくれるような
気がします。
手作りファンでは、メイクアップというよりも、スキンケアの感覚ですね!

私が手作りファンデをどのような時に使っているか、ご紹介したいと
思います。

1.日焼け止めのテカリ防止に
市販の日焼け止めは、油分が多いので、テカテカになってしまうことも・・・
そんなときは、手作りファンデを軽くはたくと、
肌がマットな状態に落ち着いて、きれいに見せてくれます。
パウダーが余計な油分を吸収してくれるので、
メイク崩れの防止にもなります。

2.ちょっとした外出時の紫外線防止対策に
近所のスーパーまで買い物や、夕方日が暮れかけている時の外出など、
高SPFの日焼け止めを塗るほどではない外出ってありますよね。
そういうときにも、手作りファンデは大活躍!
肌に直接、はたいて、さっと出かけられます。
紫外線が強い時間帯に洗濯物を干す時や、
植木に水やりするときも、簡単につけられるので、重宝しています。
ちょっとした積み重ねが、美肌への近道ですよ!!

昨日のレシピにも書きましたが、手作りファンデはおしろいのような
ものなので、わりと適当につけても、キレイな仕上がりになります。
粒子も細かいし、油分が含まれないので、塗りすぎてべたっとした
感じになることもありません。
また、自分の肌の色にぴったり合っているので、
たくさんつけても、厚塗りのようにならないのです。
大き目の毛足の長いパフにとってはたくか、
やわらかいブラシで肌をすべらせるように乗せてみてください。
今まで市販のファンデでは得られなかったような仕上がりに
きっと満足されることと思います。
長時間つけていても負担にならないし、メイク直しも簡単!
ちょっとしたコツと、道具と材料さえ揃えれば、とても簡単に
作ることが出来ます。
ぜひ、作ってみてくださいね!!

今週も今日で終わり。
毎日暑くって、さすがに夏バテ気味です・・・
来週は、暑い夏を乗り切る、ひんやりレシピをご紹介したいと
思っていますので、お楽しみに^^


☆日本産のクレイ、入荷しました!!

日本産の精製ベントナイト(高純度モンモリオナイト)
10~15倍の水を吸収し、粒子を感じさせないジェル状に変化します。
大量の水分を吸収し、なめらかなジェルに変化するので、
刺激がなく、マッサージや毎日の洗顔にも最適です。
毛穴の黒ずみや古くなった角質ケアに効果を発揮し、
パック後は、しっとりと潤います。
日本で採掘され、日本で精製された、高品質のクレイです。
医療用グレード

精製ベントナイト(国産) 20g 420円


FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします♪
関連記事
手作りコスメ実験&研究

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。