スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨日に引き続いて、市販の化粧品が合わなくて、
手作りクリームに挑戦する方へのアドバイスです。

昨日も書きましたが、市販のクリームがあわないという方は
とても多いのです。
なぜなのでしょうか?
化粧水に比べて、クリームは様々な成分から成り立っています。
主な成分は、「水」「オイル」「乳化剤」「保湿剤」
他にも、乳化を安定させる安定剤や酸化防止剤、防腐剤、
植物エキス、エタノールなど、成分表にはびっしりと成分名が載っています。
これだけたくさんの種類が配合されていると、
どれが合わないのか特定するのは難しいです。
特に、オイルや乳化剤、防腐剤は複数配合されていることが多いので、
お手上げです。

手作りクリームはこんなにたくさんの成分を使わなくても
作れます。
ふわふわクリームを例に、考えてみましょう。

1.水
水は精製水がいいでしょう。
温泉水やミネラルウォーターを使うと、乳化が上手くいかない場合があります。

2.オイル
ふわふわクリームでは、ホホバオイルを使用していますが、
これは皮脂に近い油分のためです。
肌になじみやすく、刺激もありません。
市販の化粧品では高級な材料の部類に入ると思います。
他の植物オイルでも可能です。

3.乳化剤
当店では、パーム油由来の植物性乳化ワックスを使用しています。
大豆由来の「植物性レシチン」でも乳化させることが出来ます。
ワックスの方が固めの仕上がりとなります。
レシチンの乳化力は弱めなので、ゆるいクリームになります。
使用感で選んでください。

基本的にはこの3つでクリームは出来ます。
ふわふわクリームはシアバターを保湿力UPのため配合しています。
また、植物エキスを配合することも可能です。
アルコールで抽出した原液を5%程度配合すると、
さらなる効果を望めます。

ふわふわクリームが肌に合わなかったという声は
いまのところないのですが、万が一合わなかった場合は、
水とオイルを乳化させてつくるタイプのクリームが
合わない可能性があります。
その際は、オイルとみつろうのクリームを作って見てください。
乳化させるクリームよりも簡単に作れます。

今週はオーガニックコスメを始め、化粧品についてのコラムが多かったですが、
化粧品は基本的に「肌を劇的に変化させる」ものではないと思うのです。
もともと、人間の肌には美しさを保つ能力が備わっていて、
それを維持したり、足りないものを補うのが化粧品だと思います。
肌を美しく変えていくには、化粧品だけではなく、
規則正しい生活や、食生活・運動、ストレスを貯めない事などの
方が重要だと思います。

手作りコスメは、安全で、環境にも優しく、そして経済的です。
手作りコスメで節約して、その分、自分の好きなことに使ってください!
そうすれば、いきいきとした生活が送れて、肌にもいいこと間違いなしです。

取り巻く環境やライフスタイルは人それぞれです。
無理をせず、楽しみながら、手作りコスメを取り入れてみてください。


「とくとくセット春2」新登場!!

初めての生薬化粧水セット・春色化粧水セット・日焼け止めクリームセット
春色リップグロスセット・ブルーマロウとラベンダーのバスソルト・
マグノリア化粧水セット・保湿剤セット

春のトラブル、「敏感肌」「紫外線」「乾燥」
全てに対応しているセットです!!
美しい春色も楽しみながら、美肌を目指しましょう!!



FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします♪





関連記事
お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。