スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
fuwafuwacleam.jpg


「とくとくセット春」に含まれる、日焼け止めクリームのレシピです。
アフリカのサバンナでは、シアバターを肌に塗って、強烈な紫外線を防いでいるそうです。
そのシアバターと2種類の紫外線カット剤を配合。
春の紫外線を効果的に防ぎます。


☆材料
ホホバオイル 8ml  B
シアバター 2g  B
植物性乳化ワックス 3g  B
超微粒子酸化チタン  1g  A
酸化亜鉛 1g  A
精製水        30ml  A (薬局でお買い求めください)
耐熱容器 2個 (空き瓶などご用意ください)
ふたつき耐熱容器 1個 (空き瓶などご用意ください)



☆レシピ
1.鍋に水を入れ、湯せんの準備をする
2.耐熱容器に精製水と超微粒子酸化チタン・酸化亜鉛を入れる→A
3.別の耐熱容器に、ホホバオイル・シアバター・乳化ワックスを入れる→B
4.AとBを湯せんにかけ、乳化ワックスが溶けたら火を止める(約80度)
5.ふたつきの耐熱容器にAとBをすばやく注ぎ、よく振る
6.冷めるまで振り続け、保存容器に移し、完成。

完成したクリームは、冷蔵庫で保存し、1ヶ月を目安に使い切りましょう。

ふたつき容器で振る代わりに、カプチーノミキサーなどでかき混ぜてもOK。
耐熱容器・・・ビーカー(カップ酒の空き瓶など)
ふたつき耐熱容器・・・ガラス製のクリーム容器(ジャムの空き瓶など)

ふわふわクリームのレシピを元にしているので、軽い触感で、
つけていても気になりません。


一見、難しそうに思えますが、
精製水の耐熱容器にパウダーを、
オイルの耐熱容器に乳化ワックスとシアバターを入れるだけ。

成功のポイントは、温度と、かくはんです。
湯せんの温度は、完全にワックスやシアバターが溶け、
精製水がふつふつと白い泡が立ってきたら、適温です。
温度計で計りながら作ると簡単です。
両方の耐熱容器の温度が、70度~80度になったら、火を止めて、
2つを混ぜ合わせます。
冷めるまで混ぜ続けると、しっかりと乳化します。

市販の日焼け止めクリームと違って、べたつきや圧迫感がありません。
シアバターが入っているので、保湿力もあり、しっとりとうるおう感じです。
レシピを完成させるために、何度も試作を重ねた自信作です!
ぜひ、お試しになってくださいね!!

【送料無料】とくとくセット春(3500円)

日焼け止めクリームセット



☆5月のお知らせ☆

新商品
【限定商品】UVファンデーションセット(1050円)
紫外線のもっとも強くなる、4月・5月限定商品です。
今すぐ作って、夏の間、ずっと使えます!!









FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします

関連記事
【レシピ】日焼け止め

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。