スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日は、私と精油の出会いと、身近な使い方などを紹介したいと
思います。
私が精油と出会ったのは、高校生くらいだったと思います。
それ以前は、ポプリが好きで、自分で作ったり、
近くの「カリス成城」に通ったりしていました。
その「カリス成城」で精油を取り扱うようになり、
初めて知ったのです。
1番最初に買った精油は「ラベンダー」
スタンダードですよね。

それから、しばらくは精油を集めることに夢中になります。
安いものでも1000円くらいかかりますが、
多いときで30本くらい集めたと思います。
手作りコスメを知ってからは、精油を入れて作ったりもしていたのですが、
ハーブからエキスを抽出できることを知って、
急速に精油への興味が薄れてしまったのです。
私は、もともと香りに敏感なので、アロマポットで長時間精油を
焚いていると気分が悪くなってしまいます。
それが原因で、10種類くらいのかぎ分けは出来るのですが、
アロマ検定に挑戦することが出来ません。
試験会場で気分が悪くなったら大変ですし^^;
また、手作りコスメに入れるなら、穏やかなハーブエキスの
方が適しているので、(精油は直接触れると刺激になるため)
自然とそうなってしまったのです。

そんなハーブよりの生活を送っていましたが、
それでも手放せない精油があります。

1.リビングにはローズマリー
消臭と抗菌に欠かせないのがローズマリー。
穏やかな香りなので、キッチンで使っても気になりません。
ホワイトリカーに1滴垂らし、スプレー容器に入れて
常備しています。
水周りにスプレーしたり、カーテンや布モノの消臭に。
嫌なにおいが消えて、すっきりとします。

2.生理痛にはアロママッサージ
私は生理痛がひどい方なのですが、
クラリセージとゼラニウム、ラベンダーをブレンドしたオイルで
マッサージをすると良く効きます。
おなかを温めることも大切で、湯たんぽもおすすめです!

手作りコスメにはあまり精油を入れていなかったのですが、
最近、ふわふわクリームローズオットーを入れて以来、
その香りにはまってしまいました。
とても高価な精油ですが、(1ml=4200円!!)
そのアロマ効果、スキンケア効果は絶大です。
自然な香りだからか、気分が悪くなったりもありません。
精油も質が大事なのですね。

他にも手作りコスメに向いている精油を上げると、

クリームに・・・ローズオットー、ラベンダー、ティーツリー

リップクリームに・・・ペパーミント

リンスに・・・ローズマリー、ベルガモット

お風呂に・・・ユーカリ(花粉症の時期に)カモミール(眠れない時に)



直接、肌に触れないように、気をつけてください。
クリームに配合するなら、乳化が終わり、最後に1滴入れて、
よくかき混ぜるようにすれば、OK!

精油もハーブも生薬も、上手に使ってキレイになりたいですね!


花粉症が飛ぶ前に、精油とハーブティーで対策を!!
アロマ環境協会認定精油(ユーカリ・ペパーミント・ティーツリー)を含む「花粉シーズンセット」おすすめです!!

非売品のハーブやサンプル品を含む「お楽しみ袋」
入荷した時だけ、UPされます。
お見逃しなく!!

お買い物ページへ


FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪


関連記事
身近な精油活用法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。