スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
化粧品が全成分表示になり、買うときも必ず容器の裏をチェックして
買う方が多いと思います。
手作りコスメ派の方ならなおさらですよね。
化粧水なら、
水・BG・グリセリン・ヒアルロン酸
ユキノシタエキス・ソウハクヒエキス・甘草エキス・
メチルパラベン・香料

という成分が載っていたとします。
(仮のもので、存在しません)
この成分は、なんの順番で並んでいるのだろう、と
不思議に思ったことはありませんか?

薬事法では、以下のように定められています。

化粧品の全成分表示の表示方法について(平成13年3月6日付医薬審発第163号/医薬監麻発第220号)から抜粋
ア 成分の名称は、邦文名で記載し、日本化粧品工業連合会作成の「化粧品の成分表示名称リスト」等を利用することにより、消費者における混乱を防ぐよう留意すること。
イ 成分名の記載順は、製品における分量の多い順に記載する。
ただし、1%以下の成分及び着色剤については互いに順不同に記載して差し支えない。

ウ 配合されている成分に付随する成分(不純物を含む。)で製品中にはその効果が発揮されるより少ない量しか含まれないもの(いわゆるキャリーオーバー成分)については、表示の必要はない。
エ 混合原料(いわゆるプレミックス)については、混合されている成分ごとに記載する。
オ 抽出物は、抽出された物質と抽出溶媒又は希釈溶媒を分けて記載する。
ただし、最終製品に溶媒等が残存しない場合はこの限りでない。
カ 香料を着香剤として使用する場合の成分名は、「香料」として記載して差し支えない。

難しく書いてありますね(笑)
ここで重要なのは、太字の部分、
イ 成分名の記載順は、製品における分量の多い順に記載する。
ただし、1%以下の成分及び着色剤については互いに順不同に記載して差し支えない。
一つ目に書いてあるように、成分は多い順に表示されています。
化粧水なら、水から始まって、保湿剤などが続きます。
例に挙げた成分表示だと、ヒアルロン酸までは、多い順に並んで
いると考えられます。(断定は出来ませんが)
2つ目に書いてあるように、1%以下のものは順不同に記載可能です。
ユキノシタエキス以下は、1%以下と考えられます。
ユキノシタエキスが1番最初に書いてあるからといって、
たくさん入っているというわけではありません。
美白化粧水など効能を印象付けたいために、
先に表示している可能性もあります。

とても、興味深いですね。
30種類以上、成分が並んだ化粧水もありますが、
後半の方は一体どれくらい含まれているのでしょう。
植物エキスを前面に出した市販の化粧水といえども、
エキスはそれぞれ、1%以下しか含まれていないということです。
これは、ほとんど入っていなくても表示しているかもしれないので、
植物エキスの効果は期待できないとも取れますし、
逆に、1%以下でも効果が発揮できるとも取れます。
どちらが該当するかは、化粧品メーカーによって違ってくるでしょうけど、消費者としては見分けることは困難です。

その点、手作りコスメは、成分を自分で配合できるという利点があります。
これらの表示なども参考に、市販の化粧水ではありえない、
贅沢を味わってみましょう。

今月は、送料無料キャンペーン!!(1000円以上お買い上げ)
ぜひ、この機会に!!

お買い物ページへ

*現在、スパム防止のため、コメント・TBが出来ません。
コメントは「ゲストブック」の記事にお願いいたします。





関連記事
手作りコスメ実験&研究

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。