スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
乾燥の気になる季節になりました。
私も普段は、ユキノシタ&ウワウルシの美白化粧水を使っているのですが、
うるおいが物足りなくなり、保湿重視の化粧水に切り替えました。

この秋、漬けておいたびわの種の原液と、びわの葉原液を
ミックスして化粧水を作ります。

☆原液の作り方
びわの種は、種の2倍のホワイトリカーで1ヶ月漬け込む。
びわの葉は、10gに対し、100mlのホワイトリカーで
3週間漬け込む。
それぞれ、半年は保存可能。

☆レシピ
びわの種原液 10ml
びわの葉原液  5ml
グリセリン   5ml
精製水    80ml

良く混ぜ合わせて、出来上がり♪

つけるたびに、びわの甘い香りに癒されます。
保湿剤はいらないくらい、しっとりとうるおいます。
今回はグリセリンで作りましたが、ベタインやトレハロースでも
もちろんOK!!
保湿剤は合計で5%~10%配合可能ですので、
肌の乾燥具合によって、調整してみてください。

季節によって、自分に合う化粧水を使い分けることができるのが、
手作りコスメのいいところですよね。
びわが手に入ったら、ぜひ、種も漬けて、化粧水の材料にしてみてくださいね。
関連記事
お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。