お肌の曲がり角は25歳というのが、定説ですが、それが年々早まっているようです。
化粧品会社の思惑かな?とも思いますが、その年が近づくと気になりますよね。
私自身は、20歳で化粧をやめて、その後ずっと手作りコスメ派です。
その為か、25歳を過ぎても、特に肌に変化はありませんでした。

曲がり角というと、90度急激に曲がるような気がしますが、
肌に合ったコスメとお手入れで、ゆるやかなカーブを描いて曲がることは可能だと思います。
流行の「アンチエイジング」というのも、変化をゆるやかなものにするためですよね。

肌がキレイだと、確かに、若く見えますが、肌の美しさってなんだろうって
ちょっと考えてみました。
ぱっとみた印象では、「色が白い」「キメが細かい」というのがポイントのような
気がします。
肌の白さは、今や必須条件です。
この時期、紫外線に気をつけるのは当然のことですが、
部屋の中にいても、ちょっとした家事(洗濯干しなど)でも日焼けしてしまうので、
注意が必要です。
朝起きたら、まず、手作りの日焼け止め乳液をつけて、
外出時には、市販のものをつけるなど、使い分けると肌への負担を減らせます。

「キメが細かい」肌は、水分と油分のバランスが取れた肌ともいえます。
触ってみて、すべすべな肌。憧れですよね。
夏は、冷房などで乾燥しがちなので、保湿剤入りの化粧水でたっぷりと保湿し、
その後、薄くクリームを塗ると、肌のハリが全然違います。
クリームはべたつきがあって苦手と言う方にも、「ふわふわクリーム」は
さらっとした使い心地でおすすめですよ。
冷蔵庫で保存しておけば、さらにひんやりして気持ちいいです。

「ふわふわクリームレシピ」








FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします♪
関連記事
アンチエイジング特集 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示