最近、お客様から質問をいただいたので、こちらに載せてみたいと思います。
防腐の面で心配なので、薄めて使用するのではなく、
洗顔後の濡れた顔に、原液をそのままつけていますが、
大丈夫ですか?というご質問です。

ハーブや生薬から抽出した原液をそのままつけることについては、
問題点が2つあります。

1.アルコール度数が高いこと
通常の手作り化粧水では、アルコール度数は10%程度に調整しますが、原液そのままでは、35度くらいありますから、
アルコールに弱い方は、刺激が強くひりひりする可能性があります。
また、水分を蒸発させる力も強いため、乾燥してしまうかもしれません。

2.生薬・ハーブエキスの濃度が濃いため、刺激になる可能性がある通常は、5%~10%配合するエキスがそのまま100%では、
刺激が強く、肌に合わない場合があります。
これは、植物に対して、アレルギーを持っていた場合、
荒れてしまう可能性もあります。

ただ、薄めて使用するのは、面倒だし、保存が利かないという気持ちも
良く分かります。
この場合、原液を5倍くらいホワイトリカーで薄めて、そこにベタインなど保湿剤を加え、これを常温で置いておきます。
アルコールが多いですので、数ヶ月は大丈夫。
そして、顔につけるときは精製水で3倍くらいに薄めてつけると
いう方法はいかがでしょうか?

実は、私自身も、夏場は保存が利かないので、この方法で
乗り切っています。
つい、うっかり冷蔵庫に入れ忘れたとしても、安心ですよねw
保湿剤は入れた方が、使用感もよくなりますし、オススメです。
夏場は意外と空調などで乾燥しますからね~
ぜひ、お試しください。


関連記事
【お客様の声】Q&A | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示