シコンとトウキをお買い求めいただいたお客様が
紫雲膏を手作りされるということで、
以前、知り合いの漢方屋さんに聞いたレシピを載せたいと思います。
まだ、挑戦はしていないのですが、紫雲膏は市販の物を買うと
高級なものなので、よく使われる方は手作りされてはいかがでしょうか?

☆材料
ゴマ油1000g
ミツロウ380g
豚脂(ラード)25g
当帰(トウキ)100g
紫根(シコン)100g


①ゴマ油、 ミツロウ、豚脂を入れ加熱し、それを一滴落とし
球状に浮かんだ頃(約140℃)当帰を投入します。

②当帰が浮かんできたら網ですくいあげます。

③次に 紫根を投入すると鮮明な紫になります。その時点
で素早く網ですくいあげます。

④火を止め、ゆっくり休まずかき回しながら冷却し
ます。そのまま冷却させると硬くなり柔軟性に欠
けます。軟膏の軟らかさ伸びは稠度(ちょうど)
といい撹拌することで分子形が多形構造になり得
られます。

当帰、紫根をゴマ油で揚げるという感じになります。
あまり加熱しすぎると焦げ臭が漂います。

ゴマ油の臭いを嫌うヒトもあるので、
オリーブ油で代用しても構いません。

油が部屋中漂いますので換気を良くしてください。


このレシピですと、たくさんの量が出来てしまうので、
半分くらいに減らして作るといいかもしれません。
ミツロウは精製でも未精製でもどちらでもいいと思います。
ぜひ、挑戦してみてくださいね~♪



関連記事
【レシピ】その他のレシピ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示