スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
以前、毎日のお手入れ法の質問をいただいたお客様から、
メールをいただきました。
ご紹介して、質問にお答えしようと思います。

お忙しい中メール有難うございます。
しかもHPにも載っていたので とても嬉しく思いました。

早速、乳液、クリーム、日焼け止めをいっぺんに作ってみました。
全てホホバオイルで作ってみて、乳化も成功しました。
早速、化粧水の後 日焼け止め、市販のフェイスパウダーだけで仕上げてみました。
が お化粧している顔になってくれないのです。。。残念っ!
なんだか パウダーが顔にすぐなじんでしまって 全く素顔って感じなのですぅ。。。
パウダーを何度重ねても お化粧顔になってくれないのです。
市販の日焼け止めは 乾燥するし 次は他のオイルで作ってみたいと思います。
年齢的には老化が気になるのですが、水分が少なく、
毛穴が目立つ肌質なのですが、
お薦めのベースオイルには どんなものがありますか?

1度でぴったりの物が出来上がると良いのですが、
やっかいな肌なので 何度も失敗しないと難しいかもしれないです。
今年から手作りに目覚め 化粧水だけ作ってはいましたが乾燥毛穴がすごくて
今だ4ヶ月たっても納得のものができないので、
イヤになる時もあり市販品に手が伸びる事もありました。

目の下の皺が気になるので アイクリームを作りたいと思うのですが
皺に効くレシピも HPに載せて下さると嬉しいです。

まだ手作り生活も4ヶ月ですが せっかく作った化粧水も乾燥が激しかったり、
まだ自分にぴったりの化粧水が見つからないので 
何度も挫折しそうになりましたが 地道に 気長に挑戦してみようと思います。
せっかく 目覚めた手作りに挫折しないように頑張りますネ。
ありがとうございました。(^_-)-☆


一つ目のオススメのベースオイルですが、
べたつきの少ないものであれば、1番はやはりホホバオイルです。
酸化しにくく、伸びもいいので、クリーム作りには最適です。
温度が低いと固まりやすいので、硬度が必要なリップクリームにも
いいですね。
その為、乳液やクリーム系の手作りコスメセットのキャリアオイルは
全てホホバオイルをセットしています。

他に、アンチエイジングケアとしてのキャリアオイルなら、
ローズヒップオイルです。
効果は抜群で、さらっとしていますが、酸化しやすいので
ホホバオイルなどと組み合わせて使うといいでしょう。

皮脂と近い性質をもつ、マカデミアナッツオイルもオススメです。
さらっとした感触をご希望なら、1度試されるといいでしょう。
ベースのオイルによって、クリームの使用感は変わってきますので、
色々、試してみてくださいね^^

二つ目の、シワとりアイクリームですが、
アイクリームとしてのレシピではないのですが、
ローズマリーのナイトクリームがオススメです。
ローズマリーにはアンチエイジング効果の期待できるウルソール酸が
含まれており、ワセリンで抽出することが可能です。
しんちゃんさんのサイトでは、ローズマリー軟膏として紹介されて
います。

ワセリンはべたつくのでは?と思われるかもしれません。
確かに、べたつきはかなりあります(笑)
ですので、夜用にした方がいいでしょう。
その代わり、朝起きたら、すっかり肌に吸収されていて、
プルプルになっています。
ワセリンは、白色ワセリンでも市販のヴァセリンでもどちらでもOK!!
ぜひ、作ってみてくださいね~

関連記事
【お客様の声】Q&A | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。