06-03-10_11-12.jpg


ヘアケアに最適なハーブを探していたところ、
柑橘系のハーブがヘアケア・育毛などに良いことが分かりました。
果皮に含まれる成分が、頭皮の血行を良くし、育毛・発毛を
促すそうです。
オレンジシャンプーやリンスなども市販されていますよね。
残留農薬やワックスの心配の無いドライハーブを使って、
ヘアトニックを作りたいと思います。
オレンジピールレモンピール、温州みかんの皮・チンピ
3種類の柑橘系ハーブを使います。

☆材料
オレンジピール 5g
レモンピール  5g
陳皮(チンピ) 5g
ホワイトリカー 50ml

①ハーブを密封容器に入れ、ホワイトリカーを注ぎ、2週間
冷暗所で漬け込む

②ハーブをコーヒーフィルターで濾して出来上がり♪

すーっとした感覚がお好きなら、原液そのままを頭皮にすりこんで
使用してください。
アルコールが強すぎると思ったら、精製水で薄めましょう。
柑橘系のハーブですので、光毒性があります。
昼間は使わず、夜専用としたほうがいいでしょう。

このレシピを両親に教えたところ、早速作って、ヘアケアに
使っているようです。
その後、テレビで紹介されたようで、スキンケアにも
利用しているとのこと。
ヘアケアに使うと、髪につやが出てきたそうです。

私は、この原液をキサンタンガムを使ったリンスに加えて、リンスとしてヘアケアに利用しています。
オレンジの香りが漂って、気分もすっきりします。
柑橘系の香りには、抗うつ作用があり、気分を明るくさせてくれる
アロマ効果があります。
3種類の柑橘系ハーブを使ったヘアトニック、オススメですよ♪


FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

 
関連記事
【レシピ】ヘアケア