rozuma3.jpg

昨日のカモミールの記事を見て、「カモミールを育ててみたい!!」
という声をたくさんいただきました。
確かに、カモミールは芽が簡単に出ますし、成長も早いのですが、
ひとつだけ難点があって、「虫がつきやすい」のです。
特に、アブラムシがつきやすく、葉っぱの甘い香りに誘われて、
退治するのが大変なことも・・・
虫は竹酢液を薄めたものをスプレーして退治して、
それでもダメなときは、葉っぱごと切り落として、被害を食い止めます。

ハーブは全体的に、虫がつきやすいように思います。
その中で1番育てやすいハーブは、ローズマリーだと
思います。
暑さ・寒さ・乾燥にも強く、虫もほとんどつかないので、
初心者でも簡単ですw
やはり、種から育てるのは、発芽日数が2週間以上かかることと、
発芽適温が低いということもあって、難しいので、
苗から育てる方がよいでしょう。
ベランダでも育てやすく、地植えにすると低木のように大きく育ちます。
枝をいただいたら、水につけておくと根が出てくるので、
それを土に植えても良く育ちます。
スーパーで煮込みようのローズマリーの枝をもらってきて、
花瓶に差しておいたら根が出てきたこともあったので、
とても強い生命力を持ったハーブだといえるでしょう。

種から育てて成功したのは、カモミールとレモンバームだけで、
あとは全て苗から育てています。
ローズマリーと同様に育てやすいのはワイルドストロベリーです。
2005_5_g0012.jpg

かわいい小さな花も咲きますし、実がなるので育てるのが
楽しみなハーブです。
そろそろ、ハーブの苗がお花屋さんに並ぶ頃ですね~
ぜひ、育ててみてくださいね^^

関連記事
ハーブデータ集 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示