今日は、市販の美白化粧水に含まれている、ユキノシタについてご紹介したいと思います!

ユキノシタ(雪の下) ユキノシタ科ユキノシタ属

別名 イトグサ ミミダレグサ
生薬名 虎耳草 コジソウ
生育地 湿地 庭 日陰に多く自生しています。

特徴 全体に赤褐色の毛で覆われ、茎の基部から細い糸状の葡萄枝を出し、
    長く地上を張って新株を作る。白い花をつける。

成分 フラボノイド、アルブチン、カリウム塩、タンニン、ペルゲニン、エスクレチン、精油成分

作用 解熱、鎮咳、消炎、美白、抗しわ、ニキビにもよい


(参考文献:日本のハーブ辞典・東京堂出版)

yukinositaleaf.jpg

こちらがユキノシタの葉っぱになります。
確かに、緑色の葉っぱの表面は、細かい毛で覆われていますね!
赤く見える茎のようなものが見えるでしょうか?
これが、「細い糸状の葡萄枝」で、地面に沿って、どんどん伸びて行き、
新しい場所を見つけると、そこで子株を作ります。
この写真は、我が家のベランダで育てていたものなのですが、
ほとんど世話をしなくても、増えて行って、プランターいっぱいになりました。
きっと、地植えにしたら、グラウンドカバーのようになるでしょうね♪
生命力のとても強い植物です。

yukinositaflower.jpg

5~6月に、このような小さな白い花を咲かせます。
とても、かわいらしいですね❤
この白い花を雪に例えて、「雪の下」という名前になったという説もあります。
この開花期に葉を採取して、生薬にするそうです。

yukinoshita.jpg

生薬は、全草を乾燥させたものです。
長い茎も含まれているので、からんでしまって、
なかなかほぐせないくらいです。

成分のところで、アルブチンとありますが、
これは、厚労省に認可されている美白成分となり、非常に効果が高い成分です!

「美白化粧品」という名前で販売されている市販の化粧品には、
多く含まれています。
その美白成分、アルブチンが多く含まれているユキノシタ。
色白美肌になりたいという方にお勧めしているのが、
生薬、ユキノシタです!!
ぜひ、エキスを抽出して、手作り化粧水を作ってみてくださいね❤

【4点以上で送料無料】ユキノシタ 20g(313円)

【送料無料】初めての化粧水セット(680円)

【送料無料】ミニ初めての化粧水セット(330円)






手作りコスメセット&ハーブ・生薬の量り売り&手作りコスメ材料、揃ってます!
→ハーブショップマグノリアお買い物ページへ


FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています。

↑クリックお願いします♪


生薬データ集
もうすぐ梅雨入りでしょうか、天気がころころと変わります。
でも、うちのベランダのハーブたちはみんな元気いっぱい!
ベランダで育てているユキノシタの花が満開です!!
川原に生えているのを抜いてきて、プランターで育てているのですが、
特に手入れをしなくても、とても元気です。

2007_50001.jpg


これが、ユキノシタの花。
蝶々みたいな白くて小さな花がたくさん咲きます。

2007_50002.jpg


ユキノシタは観賞用の野草としても人気ですが、
このかわいい花をみると、納得です。


2007_50003.jpg



ユキノシタの葉はとても丈夫で、生命力にあふれています。
ある時、水やりをしていたら、葉っぱを真っ二つに折ってしまったことがあります。
薄皮一枚でつながっているような状態・・・
あわてて折れたところをくっつけて、しばらくそのままにしておきました。
数日後、見てみたら、葉っぱが元に戻ってる!!
しっかりとつなぎ合わさって、1枚の葉になっていました。
ユキノシタの自己治癒力のすごさを実感しました。
その修復能力を買われて、化粧品にもたくさん配合されているのですね。

育てているユキノシタを乾燥させてエキスを抽出したこともありますが、
生薬よりもエキスが出ていない感じでした。
色も薄く、効果も弱め。
やっぱり、漢方用に育てているものは、栽培方法や
乾燥の仕方などが違うのでしょうね。
化粧品用として使うなら、生薬のユキノシタをオススメします。

ユキノシタ 10g

5月も今日で終わり。
ローズヒッププレゼントも最終日です!!
来月号のメルマガや、ブログもお楽しみに!!


rosehip_may.gif



tokutokuharu2.gif


「とくとくセット春2」まもなく終了です!!
初めての生薬化粧水セット・春色化粧水セット・日焼け止めクリームセット
春色リップグロスセット・ブルーマロウとラベンダーのバスソルト・
マグノリア化粧水セット・保湿剤セット

春のトラブル、「敏感肌」「紫外線」「乾燥」
全てに対応しているセットです!!
美しい春色も楽しみながら、美肌を目指しましょう!!



FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします♪
生薬データ集
生薬の中では、ユキノシタ・ソウハクヒなどの美白チームに
比べて、影の薄い「びわの葉」
でも、意外と人気があって、100g単位でまとめ買いされる
お客様もいるほどです。
なんで、人気があるのかな?と私なりに考えてみました。

1.香りがとても良い

びわの葉をアルコールで抽出すると、甘くてフルーティーな香りがします。
これは、他の生薬では見られないものです。

2.「びわの葉療法」で有名に

びわの葉療法という自然療法があるのはご存知でしょうか?
私も試したことはないのですが、びわの葉を温めて、患部に貼り
温湿布のような治療法で、難病にも効くと言われています。
あまり詳しくないので、知りたい方は検索してみてくださいね^^
治療法としての効力は分からないのですが、
本などにはアルコール抽出して化粧水として使うという方法も
紹介されています。

3.昔から使われている

母の世代、祖母の世代から、化粧水として使われていたようです。
科学的に立証されていなくても、いいものは分かるのですね~
購入される方を見てても、リピーターの方が多いようですので、
使ってみて、とてもいいからというのが1番の理由のようです。

びわの葉化粧水の効果ですが、私が使ってみて感じたのは、
保湿肌にハリを与えるという2点です。

びわの木が庭にあるので、その葉を使いたいという方にアドバイス!
びわの葉の表面には細かい毛が、たくさんついています。
この毛を取るには、葉っぱ2枚をこすり合わせるようにして
洗い流します。
しっかりと洗っておかないと、刺激になってしまうのでご注意を!
かなり、大変な作業なので、化粧水用にはドライのものを
お買い求めいただいた方が楽かもしれません^^

ぜひ、びわの葉で美肌を目指してくださいね♪

生薬データ集 | コメント(0)

【コラム】野草のチカラ

2006/03/16 Thu 12:09

kumasasa00.jpg


春らしい日が続きますね~
桜の開花予想も、少し早まって、東京で3月22日だそうです。
この分だと、3月中にお花見になりそうですね♪

天気のいい日は、良く近くの公園を散歩するのですが、
何もなかった地面が緑色に変化してきました。
はこべ・よもぎなどの雑草を見かけることが多くなりました。
写真は熊笹ですが、こちらも良く見かける野草ですね。

熊笹・スギナ・ドクダミなど、春の野草を使って、化粧水を作ることも出来ます。
熊笹は、キレイな黄緑色の抽出液で、多糖類が多く含まれることから、
保湿効果が期待できます。また、抗菌性にも優れています。
スギナは、ほのかに甘い香りがして、肌を引き締める作用が期待できます。
ドクダミは、以前、「ニキビに効くハーブは?」のコラムでも取り上げましたが、
ニキビや肌荒れに効果を発揮します。
昔から、化粧水として使われていて、今でも人気が高い和漢植物の
1種です。
ドクダミは、自分で採取したものよりも、乾燥させて販売しているものの方が、匂いが少なくて、扱いやすいです。

道端で摘んできた野草で作ることもできますが、
公園などでは除草剤をまいたり、犬の散歩コースになっていることも
あるので、注意が必要です。
また、生のまま使うよりは、乾燥させてエキスを抽出した方が、
より多くの有効成分を抽出できます。
心配な方は、ドライで販売しているものを使ったほうがいいでしょう。
化粧品材料として当店で販売しているものは、漢方の日本薬局方に
適合していて、薬用・飲用として使われているものなので、安心です。

野草には、まだまだ科学で解明できない成分が含まれており、
医学の現場でも研究されているそうです。
(スギナには抗がん性物質が含まれているなど・・・)
化粧水としての効果も、現在知られている以上のものがあるかもしれません。
ぜひ、野草のチカラを試してみてくださいね♪


生薬データ集 | コメント(0)

熊笹

2005/07/04 Mon 07:32

kumasasa00.jpg


イネ科クマザサ属
生薬名:タンチクヨウ
特長:高さ1mくらいになる。葉は楕円形で両面とも無毛。長さ20~25cm、幅3~7cm。鮮やかな緑色をして、縁が白く縁取られている。

効能:抗菌・消炎・保湿。最近では、消臭効果に注目が集まり、歯磨き粉に配合されたり、また、美容液にも配合されている。

使用法:化粧水
生薬データ集
 | HOME | Next »