スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日は、ヘアケアのお話をしたいと思います。
以前、40歳になっても、お肌の調子は変わらないということをブログに書きましたが、
(もちろん、手作りコスメのおかげです♪)
30代後半くらいから、白髪が一気に増えました!
生え際が白くなっていると、気になるんですよね。。
市販の白髪染めは、ニオイや刺激がきついので、使いたくないし。
自然派の染料と言えば、ヘナ!ということで、自然食品店でヘナを購入して、さっそく試してみました♪
白髪の部分だけオレンジ色に染まり、黒髪の中に溶け込んで、いい感じに❤
ただ、1ヶ月に1度は染めないと、生え際が目立ってきてしまうので、
1箱1600円くらいの価格が、ちょっと負担に・・・

色々と探してみたところ、なんと、ダイソーにヘナが!
108円。ドキドキしながら使ってみましたが、よく染まる!
1度染めたところは、色落ちしにくいし、肌荒れも私の場合はなかったです。
少し、ぱさつきが気になりますが、そこは椿油やあんず油などを補えば、大丈夫。

ヘナ染めをするときは、半日がかりなので、時間にたっぷりと余裕があるときにしています。
まず、ぬるま湯でダイソーヘナをマヨネーズ状に溶いて、
2~3時間置きます。よく発色させるためです。
その間は、外出したり、映画を観たり、ヘナのことは忘れて、のんびり過ごします。
夕方くらいに、お風呂に入り、髪を洗って(リンスやコンディショナーはしません)
1度お風呂から出て、洗面台の前などで、ビニールの手袋をつけて、
手でヘナをつけていきます。
生え際など白髪が目立つところから始めるのがポイントです。
髪の毛を小分けしながら塗っていき、最後に、髪全体に行き渡らせたら、
タオルを巻いて、シャワーキャップ(またはラップ)をかぶり、
そのまま2時間くらい置きます。
もう1度、お風呂でヘナをよく洗い流し、いつものシャンプーとリンスをしたら、終了です!

ダイソーヘナは、溶いてから発色するまで置いておかないといけないので、
その分、時間がかかります。
でも、108円ですし!ぜひ、1度お試しください♪
お肌に合わない場合もあるので、パッチテストは忘れずに。

IMG_20160101_154414.jpg

やっぱり、女性は若く見られると嬉しいですよね!
お肌の若返りには、もちろんハーブがおススメ❤
若返りの美肌水ハンガリーウォーターや、女性ホルモンを整えてくれるローズ化粧水。
自然の力で、若く美しく、年齢を気にせず、楽しみましょう♪

↓クレオパトラの美貌の秘密は、薔薇だったと言われています!
【送料無料】プレミアムローズセット(946円)

↓若返りの秘薬、ハンガリーウォーターで若返った王妃は、年下の王子から求婚されたという伝説が残っています!
【送料無料】プレミアムハンガリーウォーターセット(1,155円)



FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています。

↑クリックお願いします♪



→ハーブショップマグノリアお買い物ページへ
スポンサーサイト
ヘアケア特集
肌につけるものは、全て手作りコスメでという方も、
髪には市販のものを使っていませんか?
シャンプー・リンス・ヘアパック。
ブロー剤にヘアワックス。
頭皮にはヘアトニック。
合成のものがあふれていますが、髪に使うものは、
顔など肌にも触れやすく、トラブルの原因にもなりますので、
注意が必要です。
せっかくの手作りコスメ、髪にも使って、ナチュラルケアを
目指しましょう!!

私の日々行っているヘアケアをお話しながら、
手作りレシピなどを紹介したいと思います。

☆シャンプー
私は、石けんや無添加シャンプーを使っています。
石けんは出来るだけ、オリーブオイル100%のもの。
シャンプーなら、パックスナチュロンがオススメです。
香りも自然な香りだし、泡で出てくるので泡立ての手間がかからず、
簡単にシャンプーできます。
市販のシャンプーのいつまでも香る合成香料が苦手で、
どうしても使えません・・・
髪を洗うときは、顔にも洗浄料がつきますから、
シャンプーはナチュラルなものを選びたいですよね。

☆リンス
リンスは、パックスナチュロンのものでもいいのですが、
成分をみると、簡単に作れそうな気がして作ってみました。
レシピは、
「手作りリンス☆キサンタンガムで本格派リンス」キサンタンガムでとろみをつけ、市販のリンスに近づけました。
リンスは、お酢にローズマリーを漬け込むだけでも出来ますので、
ぜひ、手作りしてみてくださいね。

☆ブロー剤
これは、まだ試作段階なのですが、市販のコンディショナーや
ブロー剤には保湿剤・ベタインが多く含まれているそうです。
そこで、いつも使っている化粧水にベタインを多めにいれ、
ドライヤー前にスプレーしています。

☆ヘアオイル
私は、日本で昔から使われている椿油をリンス後に使用しています。
1滴をまんべんなくのばし、それからドライヤーで乾かします。
リンスには油分をいれないので、ここで補給して、
サラツヤへアをキープします。

☆ヘアトニック
髪の量が気になりだした父のために作ったヘアトニックレシピ。
柑橘系の果皮に含まれるオイルが、頭皮の血行を促進し、
発毛を促すそうです。
通販でも、オレンジや柚子をつかって育毛トニックは販売されていて、
効果はありそうですね。
実際に、父は手放せなくなったそうです。
レシピは
「みかんのヘアトニック」

ヘアスタイルを決めるスプレーやヘアワックスなどは
手作りでは出来ませんが、普段の手入れは手作りや自然のものでも
充分対応できます。
ヘアケアもナチュラルに、「天使の輪」を取り戻しましょう!!
ヘアケア特集
以前、みかんのヘアトニックのコスメレシピをUPしましたが、
評判がよく、試される方がとても多いです。
今日、偶然、通販番組を見ていたら、「みかんの育毛剤」という商品が!!
みかんの皮と他2種類の柑橘系のエキスを配合したヘアケア剤で、
育毛効果があるんですって。
ちょうど「みかんのヘアトニック」もみかんの皮と、レモンピール
オレンジピールの3種類の柑橘系のエキスで出来ていますから、
同じですよね~
地肌の血行を良くし、発毛・育毛を促すそうです。
市販のものにあるということは、それなりに効果が期待できると
いうこと。
ちょっと気になるという方は、ぜひ、試して見てくださいね♪
ちなみに、うちの父も愛用しています。
ヘアケア特集 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。