スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日はクレンジング実験の最終日です。
いよいよ、手作りクレンジングミルクの登場です。
クレンジングミルクを手作りしてみようと思ったきっかけは、
お客様に、「クレンジング以外は全部手作りしてるんです!」という
メールをいただいたことでした。
私自身も、クレンジングは市販のものを利用していたので、
それからレシピの開発に取り掛かりましたが、
予想外に大変でした。
オイルや乳化剤選び、やわらかい使用感を出すにはどうしたら
よいのか、などなど。

まず、オイル選びは難航しました。
ミルクタイプのクレンジングは、油分で落とすので、
オイルは皮脂になじみやすく、のびがいいもの、
そして、すぐに吸収されないものでなければいけません。
ホホバオイルやスクワランは、上質のオイルですが、
すぐに肌に浸透するので、除外。
日本薬局方のオリーブ油でクレンジングをされている方が多いことや、
自然派クレンジングの主成分はオリーブオイルが多いことなどから、
エクストラバージン・オリーブオイルにしました。
粘性の強いオイルなので、クレンジングには最適だと思います。

乳化剤選びは、植物性の乳化剤は限られているので、
当店の植物性乳化ワックスと、大豆レシチンで試作しました。
オーガニックコスメのクレンジングはレシチンが使われていることが
多いですが、実際に作ってみると、レシチンは乳化力が弱く、
植物性乳化ワックスの方が、乳化が安定して、クレンジング力も上がることが分かりました。

次に、なめらかさを出すための、バター選び
肌なじみがよく、香りも良い、マンゴーバターにしました。

伸びのよさや、クレンジング独特のテクスチャーを出すために、
グリセリンを配合し、材料はこれで全部です。

それでは、手作りクレンジングミルクの実力を、見てみましょう!!


実験は手の甲で行いますが、メイクを落とすというお見苦しい点はご容赦下さい。


☆実験方法

1.手の甲に口紅を塗ります。(クレコスのはまなすを使用)
kuchibeni.jpg


2.円を描くようにメイクとなじませ、
完全に落ちる回数まで続ける(最大30往復)


☆手作りクレンジングミルク

天然由来の素材だけで作られたクレンジングミルク。

成分・・・精製水・エクストラバージンオリーブオイル・植物性グリセリン
植物性乳化ワックス・マンゴーバター

ふわふわクリームより、少し柔らかめのクリームです。
口紅の上でなじませていくと、メイクが浮かんできた!!
クレンジングミルクに、口紅のピンク色が溶けてきています。
そして、

クレンジングミルク7往復目↓
c_cleam7.jpg


完全に落ちました!!
この結果には、自分でもびっくり。
7回目で完全に落ちるのは、クレンジングオイルについで2番目。
市販のジェルやミルクよりも、よく落ちます。
洗い流してもいいし、コットンで拭き取ってもOK
植物オイルだけでクレンジングするよりも、
べたつきが少ないので、使いやすいと思います。

これで、実験はすべて終わりました。
クレンジングの検証、いかがだったでしょうか?
ジェルタイプはあまりにも落ちなかったので、今後は使わない予定。
ミルクタイプとオイルタイプを併用しようと思っていましたが、
手作りのクレンジングの実力が予想以上に高かったので、
これからは、
手作りコスメ中心のメイク→手作りのクレンジングミルク
ウォータープルーフの日焼け止め→クレンジングオイル

2つを使い分けていこうと思います。

今回、植物オイルのクレンジングと、石鹸は掲載しませんでしたが、
口紅は植物オイルでは落とせて、石鹸では全く落とせませんでした。
この2つを含めて、市販の「石鹸で落とせる日焼け止め乳液」
「UVプレストパウダー(おしろい)」でも
実験をしましたので、簡単に結果だけご紹介したいと思います。

○・・・完全に落ちる △・・・拭き取れば落ちる ×・・・落ちない

☆石鹸で落とせる日焼け止め乳液(ロート製薬)
クレンジングオイル ○
クレンジングミルク △
クレンジングジェル ○
植物オイル △
石鹸 ×
手作りクレンジングミルク ○

☆UVプレストパウダー(セザンヌ)
クレンジングオイル ○
クレンジングミルク ×
クレンジングジェル ×
植物オイル △
石鹸 ×
手作りクレンジングミルク ○

おしろいならば、石鹸でも簡単に落ちると思っていましたが、
市販のUVパウダーは、撥水加工されているようで、
石鹸や一部のクレンジングでは落ちませんでした。
市販のメイクは油分が多く含まれているので、
油分の多いクレンジングで落とすのが鉄則のようです。
ちなみに、手作りファンデーションは、どのクレンジング法でも
落とせました。
クレンジングの実力を知ることも重要ですが、
クレンジングで肌を痛めないように、手作りコスメ中心のメイクを
することも大切ですよね!!

皆さんも、お手持ちのクレンジングで実験してみてくださいね!!


実験は、クレンジングジェル・クレンジングミルク・クレンジングオイル・
手作りクレンジングミルクで行います。

手作りのクレンジングミルクの実力に、驚きますよ!

【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングジェル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングミルク編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングオイル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~手作りクレンジングミルク編



手作りコスメセットなら、材料を計量済みなので、届いてすぐに作ることが出来ます。
レシピ付きなので、初心者の方でも安心です♪

→クレンジングミルクセット(735円)

お手持ちのオリーブオイルで作るなら、当店の植物性乳化ワックスがオススメ!
どなたでも、失敗なく作れると評判です。
(オリーブオイルは、アロマ用のエキストラバージンオリーブオイルを使用して下さい)

→植物性乳化ワックス30g(840円)

→植物性乳化ワックス3g×3(368円)基本のクリームレシピ付き


ナチュラルなメイクを心がけているなら、
メイク落としも天然のクレンジングミルクで落としたいですよね!
お肌に優しいクレンジングミルク
ぜひ、試してみて下さいね!!

実験は出来るだけ同じ条件下で行っておりますが、
必ずしも同じ結果が出るものとは限りません。
ご了承下さい。

スポンサーサイト
クレンジング特集&レビュー
昨日に引き続いて、クレンジングの実験です。
今日は、クレンジングオイル
国内大手メーカーのオイルで、スーパーやドラッグストアで
必ず売っているような商品です。
オイルクレンジングは合成界面活性剤が多く含まれていること、
鉱物油が使われていること、
美容研究家の「オイルクレンジングは肌に悪い」という主張から、
すっかり嫌われ者になってしまいました。
本当にそうなのでしょうか?

早速、オイルクレンジングの実力を、見てみましょう!!


実験は手の甲で行いますが、メイクを落とすというお見苦しい点はご容赦下さい。


☆実験方法

1.手の甲に口紅を塗ります。(クレコスのはまなすを使用)
kuchibeni.jpg


2.円を描くようにメイクとなじませ、
完全に落ちる回数まで続ける(最大30往復)


☆クレンジングオイル

国内大手メーカーのクレンジングオイル
安価でどこのドラッグストアでも販売されている
W洗顔不要とは書かれていない

成分・・・コメヌカ油、ミネラルオイル、テトラオレイン酸ソルベス-30、
トリエチルヘキサノイン、シクロメチコン、オレンジ油、
トコフェロール、ホホバ油、グリセリン、
ジイソステアリン酸ポリグリセル-2、トリラウレス-4リン酸、
水、フェノキシエタノール

鉱物油と界面活性剤がたっぷりと配合されていて、
ナチュラル派の方が見たら、くらくらしそうな処方です。
逆に安定した成分が多いため、防腐剤はトコフェロールとフェノキシエタノールと安全性が高いものを使用。

オイルタイプなので、なじみが早い。
口紅の上に、乗せただけで、すぐににじんできて、
メイクが落ちてきている実感があります。
そして、

クレンジングオイル5往復目↓

c_oil5.jpg



ジェルやミルクと比べると、びっくりするくらいの早さです。
完全に口紅の跡は消えています。
洗い流すと、油分が肌に残っているような感じ。
W洗顔については明記されていませんが、
石鹸で洗ったほうが良さそう。

メイクは油分の汚れなので、それを落とすのに油分が一番効果的なのは、
当たり前といえば当たり前ですよね。
その代わり、オイルクレンジングが肌を乾燥させるというのも事実。
私はウォータープルーフの日焼け止めを落とすのに使っていますが、
クレンジング後の乾燥は一番ひどいです。
化粧水→クリームのスキンケアは必須です。

今回の実験で分かったことは、
クレンジングオイルは短時間でメイクを落とせる
ということです。
これは、ジェルやミルクと同じように、数分もくるくるとマッサージをしていたら、
クレンジングしすぎということです。
皆さんもクレンジングオイルを使われる際は、
自分のメイクがどれくらいで落ちるのかを計って、
短時間でクレンジングするようにしてみてください。
肌への負担が減るはずです。
ちなみに、私は30秒くらいで、落とせました。

市販のクレンジングの検証、いかがだったでしょうか?
私は、ジェルとミルクが予想以上にメイクを落としていないこと、
オイルのクレンジング力が予想以上に強かったことが印象的でした。
クレンジングそのものの刺激を考えるのも大切ですが、
「時間」「物理的な刺激」も合わせ、トータルで一番刺激の少ない
クレンジングを選ぶことが必要だと思います。
また、メイクを落とせなければ意味がないので、
「クレンジング力」も重要ですよね。
最も効果的なクレンジングがオイルだからといって、
毎日使っていると、やはり肌には負担がかかると思います。
石鹸で落ちるメイクを心がけることも忘れずに!!

皆さんも、お手持ちのクレンジングで実験してみてくださいね!!

次回は、手作りクレンジングミルクの検証です。
市販のものと比べて、どれくらいの実力があるのでしょうか?
次回をお楽しみに!!


実験は、クレンジングジェル・クレンジングミルク・クレンジングオイル・
手作りクレンジングミルクで行います。

手作りのクレンジングミルクの実力に、驚きますよ!

【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングジェル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングミルク編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングオイル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~手作りクレンジングミルク編



手作りコスメセットなら、材料を計量済みなので、届いてすぐに作ることが出来ます。
レシピ付きなので、初心者の方でも安心です♪

→クレンジングミルクセット(735円)

お手持ちのオリーブオイルで作るなら、当店の植物性乳化ワックスがオススメ!
どなたでも、失敗なく作れると評判です。
(オリーブオイルは、アロマ用のエキストラバージンオリーブオイルを使用して下さい)

→植物性乳化ワックス30g(840円)

→植物性乳化ワックス3g×3(368円)基本のクリームレシピ付き


ナチュラルなメイクを心がけているなら、
メイク落としも天然のクレンジングミルクで落としたいですよね!
お肌に優しいクレンジングミルク
ぜひ、試してみて下さいね!!

実験は出来るだけ同じ条件下で行っておりますが、
必ずしも同じ結果が出るものとは限りません。
ご了承下さい。

クレンジング特集&レビュー
昨日に引き続いて、クレンジングの実験です。
今日は、市販のクレンジングミルクです。
海外自然派メーカーのもので、香りが良いのが特徴です。
手作りクレンジングミルクの参考にするために、
色々な商品を試しましたが、
一番使用感が良かったので、しばらく使っていました。
メイクになじませたあと、拭き取るタイプなのですが、
今回は、なじませるだけでどれくらい落ちるかの検証です。

私の普段使っている口紅ですが、
タール色素や色持ちをよくする成分が全く含まれていないので、
ものすごく落ちやすいです。
どれくらい落ちやすいかと言うと、
ハンバーガーやサンドウィッチに口紅のあとがくっきりつく位(笑)
みっともないので、食事の前に必ず落としています。
口に入る成分だから、安心なものを使っていますが、
自然派の口紅を使われている方共通の悩みですよね。
それくらい落ちやすい口紅だということを頭に入れつつ、
実験結果を見て見ましょう。

実験は手の甲で行いますが、メイクを落とすというお見苦しい点はご容赦下さい。


☆実験方法

1.手の甲に口紅を塗ります。(クレコスのはまなすを使用)
kuchibeni.jpg


2.円を描くようにメイクとなじませ、
完全に落ちる回数まで続ける(最大30往復)


☆クレンジングミルク

海外自然派メーカーのクレンジングミルク
ゆるい乳液状で伸ばしやすい。
通常はメイクになじませた後、濡らしたコットンパフで拭き取る、

主な成分・・・水、アプリコットカーネル油、エタノール、
ステアリン酸グリセリル(SE)、オリーブ脂肪酸K、
キサンタンガム、香料 他植物エキス

こちらも、洗浄料らしきものは含まれていません。
乳液の成分だといってもいいくらいのシンプル処方。

ミルクタイプなので、伸びがよい。
5往復、くるくるとなじませていくが、少しなじんできたかなと
いう程度。ジェルよりは、なじみ方は早い。
そして、

クレンジングミルク30往復目↓

c_milk30.jpg



これ以上長くクレンジングすることは現実的にありえないので、
実験を中断。
クレンジングを取り去ると、口紅が落ちていないのが分かります。
もともと拭き取りタイプとはいえ、この実力のなさにはびっくり。
今回の実験対象の中で、一番高価なのですが・・・
この後、濡れたコットンで拭き取ると、キレイに落ちました。
拭き取りタイプと書かれているクレンジングミルクは、
濡らしたコットンなどで、しっかりと拭き取った方が良さそうです。

ヨーロッパは、ミネラル分を多く含む水のため、
石鹸が泡立ちにくいという事情があります。
その為、石鹸でクレンジングではなく、このような乳液やクリームタイプでメイクをなじませ、
その後拭き取るという、物理的にメイクを落とすのが主流のようです。
洗い流しもしないので、この後使う化粧水は、
余分な油分を取り去る拭き取り用で、水分補給とは違います。
その後クリームを塗って、スキンケアは終了です。
石鹸やクレンジング剤で、肌に必要な皮脂まで取り去ることはない分、
このスキンケアでも成立するのかもしれません。

口紅などのポイントメイクはあらかじめ植物オイルで落としておいて、
手作りコスメだけのメイクや通常の皮脂汚れはこのクレンジングで
落とす
という使い方がオススメです。
ウォータープルーフの日焼け止めなど、しっかりメイクは
このクレンジングでは落とせないので、他のクレンジングと併用した方が
いいでしょう。

ジェルに続き、ミルクまでほとんどメイクを落としていなくて、
この結果には正直驚きました。
実験対象のクレンジングミルクは、自然派のものなので、
きちんと洗浄料・界面活性剤が含まれるものならば、
また結果は違っていたと思います。
皆さんも、お手持ちのクレンジングで実験してみてくださいね!!

次回は、クレンジングオイルの検証です。
メイク落ちが一番良いと言われるオイルですが、
ジェルやミルクとはどのように違うのでしょうか?
次回をお楽しみに!!

実験は、クレンジングジェル・クレンジングミルク・クレンジングオイル・
手作りクレンジングミルクで行います。

手作りのクレンジングミルクの実力に、驚きますよ!

【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングジェル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングミルク編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングオイル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~手作りクレンジングミルク編



手作りコスメセットなら、材料を計量済みなので、届いてすぐに作ることが出来ます。
レシピ付きなので、初心者の方でも安心です♪

→クレンジングミルクセット(735円)

お手持ちのオリーブオイルで作るなら、当店の植物性乳化ワックスがオススメ!
どなたでも、失敗なく作れると評判です。
(オリーブオイルは、アロマ用のエキストラバージンオリーブオイルを使用して下さい)

→植物性乳化ワックス30g(840円)

→植物性乳化ワックス3g×3(368円)基本のクリームレシピ付き


ナチュラルなメイクを心がけているなら、
メイク落としも天然のクレンジングミルクで落としたいですよね!
お肌に優しいクレンジングミルク
ぜひ、試してみて下さいね!!

実験は出来るだけ同じ条件下で行っておりますが、
必ずしも同じ結果が出るものとは限りません。
ご了承下さい。
クレンジング特集&レビュー
今日から、クレンジングについての連載です。
市販のクレンジングの実力を実験を通して、検証します。
まず、始めに、私がクレンジングにこだわっている理由について、
お話しておこうと思います。

最近、昔の日本でどのような洗浄料を使っていたのか、
興味があっていろいろ調べているのですが、
石鹸が作られる前は、米ぬかや穀物の粉、うぐいすの粉などで顔も身体も洗っていたようです。
世界では、泥や粘土で洗髪していたという歴史もあります。
昔ながらの知恵が大好きな私ですが、
今、このような洗い方をするというのは、少し無理があります。
まず、現在のメイクは自然素材では、なかなか落ちません。
では、昔ながらの簡単なメイクにすれば解決するかというと、
昔と違って、今は紫外線が強く、日焼け止めは1年中欠かすことが出来ないのです。

手作りコスメが中心の私たちのとっても、
紫外線が降り注ぐ限り、クレンジングは避けられないものです。
クレンジングの後は、肌に必要な皮脂も全て取り除かれてしまうので、
化粧水→クリームといったスキンケアが必要となります。
出来るだけ、素早く効率的にメイクを落とし、肌への刺激が少ないものを見つけたいですよね。
また、手作りのクレンジングミルクの開発のためにも、
しっかりと市販のクレンジングの実力を検証したいと思います!!

実験は手の甲で行いますが、メイクを落とすというお見苦しい点はご容赦下さい。


☆実験方法

1.手の甲に口紅を塗ります。(クレコスのはまなすを使用)
kuchibeni.jpg


2.円を描くようにメイクとなじませ、
完全に落ちる回数まで続ける(最大30往復)


☆クレンジングジェル

自然派のジェルタイプのクレンジング。
主成分はオリーブオイル。無香料・無着色・無鉱物油

成分・・・水・グリセリン・BG・オリーブ油・PEG-30・ラウリルグルコシド(洗浄料)・コポリマー・カルボマー・水酸化K・フェノキシエタノール・EDTA-2Na

ほとんど、洗浄料・界面活性剤が含まれていないので、
本当に落ちるのかな?と疑問に思いつつ実験開始!!

ジェルタイプなので、肌のすべりは良い。
5往復、くるくるとなじませていくが、ほとんど変化なし。
そして、

クレンジングジェル30往復目↓
c_jel30.jpg


これ以上長くクレンジングすることは現実的にありえないので、
実験を中断。
ジェルを取り去ると、口紅が落ちていないのが分かります。
自然派の口紅でこの程度だと、ウォータープルーフの日焼け止めは
このクレンジングで落とすことは不可能だと思います。
おそらく、ただのオリーブオイルやワセリンの方がよく落ちるような・・・

皆さんも、お使いのクレンジングで、試してみてください。
意外な実力が分かるかも?

実験は、クレンジングジェル・クレンジングミルク・クレンジングオイル・
手作りクレンジングミルクで行います。

手作りのクレンジングミルクの実力に、驚きますよ!

【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングジェル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングミルク編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~クレンジングオイル編
【コラム】あなたのクレンジング、ちゃんと落ちてる?~手作りクレンジングミルク編



手作りコスメセットなら、材料を計量済みなので、届いてすぐに作ることが出来ます。
レシピ付きなので、初心者の方でも安心です♪

→クレンジングミルクセット(735円)

お手持ちのオリーブオイルで作るなら、当店の植物性乳化ワックスがオススメ!
どなたでも、失敗なく作れると評判です。
(オリーブオイルは、アロマ用のエキストラバージンオリーブオイルを使用して下さい)

→植物性乳化ワックス30g(840円)

→植物性乳化ワックス3g×3(368円)基本のクリームレシピ付き


ナチュラルなメイクを心がけているなら、
メイク落としも天然のクレンジングミルクで落としたいですよね!
お肌に優しいクレンジングミルク
ぜひ、試してみて下さいね!!

実験は出来るだけ同じ条件下で行っておりますが、
必ずしも同じ結果が出るものとは限りません。
ご了承下さい。

クレンジング特集&レビュー
今日も引き続いて、クレンジング&洗顔のお話です。
タイプ別スキンケアのコラムでは、はっきりと書かなかったのですが、
クレンジングの後、石鹸洗顔をするかどうかは、
様々な意見があります。
クレンジングの後さらに洗顔すると、洗いすぎだから肌に悪いとか、
クレンジングと石鹸では落とす汚れの質が違うから、
両方必要だとか。
ある意味、両方とも当たっているのです。
つまり、
メイクや汚れが落ちてたら、不要!
落ちてなかったら、必要!


パターン別に見て見ましょう。

1.市販のクレンジング使用
市販のクレンジングは、洗浄力が強いので、
基本的にはW洗顔は不要ですが、落ちていない感じがしたり、
油分が残っている感じがしたら、石鹸でも洗いましょう。

2.植物オイルでクレンジング
植物オイルをメイクになじませて、拭き取るクレンジングです。
ポイントは、しっかりとコットンでオイルを拭き取ること。
拭き取りが不十分だと、洗面台が油まみれになったり、
石鹸洗顔を何度もしないといけなくなります。
オイルは落ちにくいので、オイルクレンジングの後、
2回石鹸で洗ったほうがいいでしょう。


3.石鹸でクレンジング
簡単なメイクは石鹸でも落とすことが出来ます。
口紅などのポイントメイクは、植物オイルで拭き取っておきます。
石鹸だけでメイクを落とす場合は、2回洗顔しましょう。
1度目は泡立ちが悪いはずです。
2回目はしっかりと泡立てて洗います。
石鹸で落ちない化粧品はとても多いです。
UVタイプのファンデーションや、口紅、マスカラ、アイシャドウなど、
ウォータープルーフの日焼け止めも落とせません。
メイクが残っていると、トラブルを引き起こしますので、
市販のクレンジングを使ったほうが無難です。

私は、メイクによって、この3つを使い分けています。
メイクする前の肌に戻るまで、しっかりと洗っています。
出来るだけ、肌に負担をかけないためにも、
手作りの日焼け止めクリーム手作りファンデーション
など中心にメイクをしているので、
3番の石鹸でクレンジングがほとんどです。
特に、市販のクレンジングは合成界面活性剤が含まれていて、
洗浄力が強いので、肌荒れの原因にもなります。
合成界面活性剤は、分かりやすく言うと、食器洗いの洗剤のようなものです。
使われている種類はもちろん違いますが、
油汚れを浮かび上がらせて、水を加えると乳化して、汚れを包み込んだまま
洗い流します。
私たちの生活になくてはならないものですが、
肌に頻繁に使うのは負担が大きい場合があります。
ついてしまった汚れ(しっかりメイク)は落とさないと仕方ないので、
石鹸で簡単に落とせるメイクを心がけたいですね!!

日焼け止めクリームレシピ
手作りファンデーションレシピ
春色リップグロスレシピ


とくとくセット春2、残りわずかです!!
日焼け止めクリームも春色リップグロス(ピンク色)も作れます!!
お見逃しなく!!




rosehip_may.gif



tokutokuharu2.gif


「とくとくセット春2」まもなく終了です!!
初めての生薬化粧水セット・春色化粧水セット・日焼け止めクリームセット
春色リップグロスセット・ブルーマロウとラベンダーのバスソルト・
マグノリア化粧水セット・保湿剤セット

春のトラブル、「敏感肌」「紫外線」「乾燥」
全てに対応しているセットです!!
美しい春色も楽しみながら、美肌を目指しましょう!!



FC2 Blog Ranking「アロマテラピー」
に参加しています♪

↑クリックお願いします♪

クレンジング特集&レビュー
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。